ポイタクアプリ利用規約

モバイル・コマース・ソリューション株式会社(以下、「当社」といいます)は、当社が提供する「ポイタク・タクシー配車の決定版」(以下、「本アプリ」といいます)について、以下の通り規約(以下、「本規約」といいます)を定めます。本アプリを利用する者(以下、「利用者」)は、本規約に同意した上で、本アプリを利用するものとします。

第1条 (本アプリの特長)

  1. 利用者は、本アプリを利用すると、スマートフォン(以下、「スマホ」といいます)の位置情報機能又は地図機能を活用しスムーズかつ正確にタクシーを目的地へ配車依頼する事ができます。
  2. 前項に加え、利用者は、当社所定の条件を満たした場合に限り、「配車ポイント」を獲得する事ができます。

第2条 (定義)

  1. ポイタク
    本アプリで配車依頼する事ができるタクシーをポイタク(ポイントが貯める事ができるタクシーの略称)といいます。利用者は、ポイタクを配車依頼し第3条第5項の定めに基づき配車ポイントを獲得する事ができます。
  2. ポイタク事業者
    ポイタクの配車及び運行を管理しているタクシー会社をポイタク事業者といいます。
  3. ポイタクID
    当社は、本アプリにおいて利用者を識別するために、英数字のコードを管理します。このコードをポイタクIDといいます。

第3条 (本アプリの利用ルール)

  1. 利用者が本アプリを利用してポイタクを配車するには、本規約に同意するほか「個人情報の取扱いについて」にも同意する必要があります。
  2. ポイタクは、利用者が本アプリを利用してポイタクの配車依頼をした後に、本アプリのチャットボードで「了承」ボタンを押した時点(又は30秒間、何も操作しなかった時点(以下、「配車決定」といいます)で、当該配車依頼に基づく目的地へ向かいます。
  3. 本アプリを利用する際にかかる通信料は、利用者側ですべて負担するものとします。
  4. ポイタクの配車には、各ポイタク事業者が定める迎車料金がかかります。迎車料金は乗車料金精算時に併せてお支払い下さい。
  5. 配車ポイントは、(複数人数で乗車された場合であっても)本アプリを利用した本人のみが、配車1件(複数台の配車を同時に依頼した場合も1件とカウントされます)につき所定の条件に基づき獲得する事ができます。なお、本アプリを利用せずに電話等で配車依頼した場合や、注文者情報全て(任意項目を含む)を登録せずに配車依頼した場合は、配車ポイントを獲得できません。
  6. 本アプリは、以下に掲げる利用者側によるスマホの設定環境によっては、充分に機能を発揮しない場合があります。
    ①通信環境の設定
    ②プッシュ通知の設定
    ③位置情報機能の設定
  7. 利用者は、定められた配車可能エリア外へポイタクを配車依頼する事はできません。なお、当該配車可能エリアは、当社及びポイタク事業者の間で決定されるものとします。
  8. 本アプリは、ポイタクの完全な配車を保証するものではありません。ポイタクの空車状況、営業可能エリア、ポイタク事業者の営業時間等により、配車が受けられない場合もあります(配車決定後も天候又は交通事情等により配車ができない場合があります)。
  9. 利用者は配車決定後にキャンセルする場合は、直接ポイタク事業者に電話してキャンセルの手続きをしなければならないものとします(ポイタク事業者によってはキャンセル料が発生する場合もあります)。
  10. 利用者は、本アプリの操作性を除く配車や運行に関する内容の問い合わせはポイタク事業者である各タクシー会社にするものとします。
  11. 当社は、次条に定める禁止行為を発見した場合は、利用者に対し本アプリの利用を停止(ポイタクIDを抹消)する事ができるものとします。

第4条 (禁止事項)

利用者は、本アプリを利用するにあたり、次に掲げる行為を行ってはならないものとします。
①虚偽の個人情報を登録する行為
②虚偽の配車依頼をする行為
③配車決定後のキャンセルを繰り返す行為
④違法行為

第5条 (本アプリの変更等)

当社は、当社の都合により、本アプリをいつでも任意の理由で機能追加、機能変更、中断(メンテナンスを含む)、終了する事ができるものとします。

第6条 (免責事項)

当社は、利用者が本アプリを利用する事により生じた如何なる損害についても一切の責任を負わないものとします。

第7条 (知的財産権の帰属)

本アプリに関わるすべてのコンテンツ(コンピュータープログラム、画像、その他一切の情報)の著作権、特許権、商標権等の知的財産権は、当社又は正当な権利を有する第三者に帰属します。

第8条 (規約の変更)

当社は、当社の判断によりいつでも任意の理由で本規約を変更する事ができます。その際、利用者は、改正後の規約に再同意することにより、引き続き本アプリを利用する事ができます。

第9条 (準拠法)

本規約は、日本法に基づき解釈されるものとし、本規約に関して訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

平成27年2月1日制定